文字サイズの変更

お知らせ一覧を見る

本部事務局の活動再開
和敬会本部の活動につきまして、約4か月の自粛をさせていただいておりましたが、この8月より本部の活動を再開いたします。事務局の活動時間は、原則第一、第三火曜日(時間は10:00~14:00)です。※新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、会員の皆様からご連絡をいただいても、すぐに対応できないことがございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

みどり祭における「カフェ和敬会」
今年度の「みどり祭」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。例年、還暦を迎えた方や新卒の方にご案内を送付しておりましたが、今回はございません。
来年以降、「みどり祭」開催の折には、「カフェ和敬会」でお会いできることを楽しみにしております。

「関東支部立ち上げ準備委員会」始動
関東支部立ち上げ準備委員会の活動が始まりました。和敬会だより22号やホームページに準備の様子を掲載しております。ぜひ、ご覧ください。

お知らせ(1)
和敬会本部の活動は、緊急事態宣言発令により4月5月の本部の活動を自粛させていただいております。
しばらくの間、会員の皆様からご連絡をいただいても、すぐにお返事できないことがございます。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

お知らせ(2)
和敬会だより第22号を令和2年4月19日に発送いたしました。
母校の様子を懐かしく思いながらご覧いただければ幸いです。
なお、今回の和敬会だより(4ページ)には「卒業生の輝く実績」を特集しています。
【出所】朝日新聞出版刊「大学ランキング2019年版」より[承諾書番号:20-0597]
※掲載内容につきましては、朝日新聞出版に無断で転記することを禁止されています。

会長挨拶

和敬会会員の皆様、お変わりございませんか。
新型コロナウイルスの影響で、会員の皆様も不安と緊張感の中でお過ごしのことと存じます。
また、令和2年7月豪雨で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
この夏は、今まで以上に体調管理が大切になってまいります。どうぞ、皆様と大切な方々の健康が守られますよう、心よりお祈り申し上げます。くれぐれもご自愛くださいませ。

さて、和敬会本部の活動も新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月より自粛してまいりました。和敬会だより22号発行後、活動を自粛していたため、ホームページの更新も遅れてしまいました。会員の皆様には大変ご心配をおかけいたしましたこと、お詫びいたします。

現在も感染拡大の影響は続いております。和敬会本部の活動や地方支部の活動も、健康と安全を第一に考えるとこれまでと同じ活動を行うことは難しくなっております。基本的には、活動を自粛していただくことが一番ですが、皆様の健康と安全を考えて無理のない範囲で活動を進めてください。

このような状況の中での和敬会活動のスタートです。今年度も、これまでの和敬会の歴史を引継ぎ、会員の皆様のご意見をお聞きしながらより良い活動になるように、幹事一同力を合わせてまいります。会員の皆様には、これまで同様ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

和敬会は、会員同士のつながりを深め、学校と同窓生をつなぐ役割があります。これまで以上に、卒業生の皆様の豊かなつながりがさらに深まることを願っております。会員の皆様のお住まいの地域には、地方支部がございます。和敬会だより7ページの地方支部一覧をご覧いただき、ぜひ連絡をお取りください。鎌倉で共に学んだ同窓生のつながりを大切にしましょう。

【お願い】

〇地方支部の活動を進めるにあたり、ご一緒に活動していただける方を募っておられる支部がございます。少しでもご協力いただける方は、ご連絡ください。東海支部、甲信越支部、中国四国支部の四国にお住いの方々、支部長さんまたは事務局にご連絡いただければ幸いです。ご協力をお願いいたします。

〇4月発行の「和敬会だより22号」を会員の皆様にお届けしました。住所不明等でお届けできずに戻ってくるものが多くあり大変困っております。お手数をおかけいたしますが、お知り合いの方々の中で住所変更等の手続きがお済みではない方にお声かけください。和敬会会員の絆を深め和敬会活動活性化のためにも、住所等の確認にご協力ください。

〇「和敬会の活動」や「和敬会だより」へのご感想やご意見等がございましたら、ぜひお聞かせください。会員の皆様の貴重なご意見を、今後の活動の参考にさせていただきます。

和敬会会長 深山喜美子

「和敬会」とは

鎌倉女子大学大学院・大学・短期大学部・高等部・中等部・初等部・家政理学専門学校の卒業生で構成されています。

鎌倉女子大学(京濱女子家政理学専門学校・1943年設立/旧京濱女子大学)は、1945年4月戦災ですべてを失いました。1946年1月 学祖 松本 生太先生、学父 松本 尚先生により、ここ鎌倉に「学園づくり」「人づくり」の礎を固められ、再建の第一歩を踏み出しました。
その年の3月、第一回生が卒業されました。
翌1947年 初めての同窓会に際して、校歌・学生歌の作詞者でいらっしゃる松本千枝子先生が心をこめて命名してくださった名称が「和敬会」です。

――― 和の心を 大切にして
素直に人の意見に 耳を傾け
お互いに 尊敬しあい
切磋琢磨して 励めよ ―――

皆さまは、ご卒業と同時に「和敬会会員」となられました。

「和敬会だより」は、毎年創立記念日の4月19日発刊にて皆さまのもとにお送りしています。楽しみにお待ちください。

**「和敬会」の会費は皆さまが在学中に納めてくださっていますので、
再度集めることはありませんので、ご承知おきください。**

地方支部

和敬会は、全国各地に地方支部が9支部あり、交流しあっております。
支部代表の方に連絡をおとりになって、先輩の方々と力を合わせて和敬会の活動にご支援、ご協力のほどお願い申し上げます。なお、支部代表の連絡先は「和敬会だより」をご覧ください。