文字サイズの変更

お知らせ一覧を見る

平成31年4月19日に和敬会だより第21号を発送いたしました。
今回の和敬会だよりでは昨年10月に開催した総会の様子も特集しております。
母校の様子を懐かしく思いながらご覧いただければ幸いです。
(このホームページ上でもPDFにてご覧いただけます)

また、今回は「和敬会だより 第21号」のデジタルブック版も準備いたしました。
http://www.kanagawa-np.com/wakeikai/wakei1904/
(上記URLよりご覧ください。閲覧期間:令和2年4月18日まで)
指のマークが付いた箇所にカーソルを合わせるとスライドショーが再生され、複数の写真がお楽しみいただけます。
ぜひ、ご覧ください。

会長挨拶

同窓生の皆さま、お健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

母校は、2013年に70周年を迎えました。
現在、卒業生(大学院、大学、短期大学部、高等部、中等部、初等部、家政理学専門学校)は、約56,000名を数えます。その全員が「和敬会」の会員です。

「和敬会」は、一生涯のお付き合い。その活動は、「和敬会だより」でお読みいただいていることと思います。皆さま 是非お誘い合わせて、母校を訪れたり、同窓会活動へ参加したりしてください。
ご支援をよろしくお願いいたします。

会長 金子小夜美

「和敬会」とは

鎌倉女子大学大学院・大学・短期大学部・高等部・中等部・初等部・家政理学専門学校の卒業生で構成されています。

鎌倉女子大学(京濱女子家政理学専門学校・1943年設立/旧京濱女子大学)は、1945年4月戦災ですべてを失いました。1946年1月 学祖 松本 生太先生、学父 松本 尚先生により、ここ鎌倉に「学園づくり」「人づくり」の礎を固められ、再建の第一歩を踏み出しました。
その年の3月、第一回生が卒業されました。
翌1947年 初めての同窓会に際して、校歌・学生歌の作詞者でいらっしゃる松本千枝子先生が心をこめて命名してくださった名称が「和敬会」です。

――― 和の心を 大切にして
素直に人の意見に 耳を傾け
お互いに 尊敬しあい
切磋琢磨して 励めよ ―――

皆さまは、ご卒業と同時に「和敬会会員」となられました。

「和敬会だより」は、毎年創立記念日の4月19日発刊にて皆さまのもとにお送りしています。楽しみにお待ちください。

**「和敬会」の会費は皆さまが在学中に納めてくださっていますので、
再度集めることはありませんので、ご承知おきください。**

地方支部

和敬会は、全国各地に地方支部が9支部(ただいま東北支部は準備中です。)あり、交流しあっております。
支部代表の方に連絡をおとりになって、先輩の方々と力を合わせて和敬会の活動にご支援、ご協力のほどお願い申し上げます。なお、支部代表の連絡先は「和敬会だより」をご覧ください。